menu

写真販売システムを比較・検討するためのサイト
『写真販売システムランキング』

初心者が写真を上手に撮るコツは?

「初心者が写真を上手に撮るコツは?」
写真販売で売り上げを伸ばすには、ユーザーが求める素材を提供する必要があり、そのためには、質の高い写真を撮る必要があります。ユーザーが求める質の高い写真を撮るためには、どのようなことを意識すれば良いのか?初心者でも写真を上手に撮るコツをご紹介いたします。

シャッターを押す時に注意する

綺麗な写真を撮るには、シャッターを押す瞬間が重要です。シャッターを押す際にズレてしまうとピントが合わずブレブレになります。ズレないようにするには、力を入れ過ぎないようにすることが必要で、足の使い方を意識しましょう。ポジショニングをしっかりと安定させた位置でシャッターを押してください。

 

動いているものは前方のスペースで撮る

写真を撮る時に必ずしも被写体が止まっているとは限りません。動物や人の動きなど躍動感のある被写体の場合は前方のスペースを空けることを意識して撮ると納まりが良くなります。全体のバランスが大事です。動いている被写体でもバランスを考えて、写真に収まるようにしましょう。

 

ストーリーを意識する

写真の縦横比は自分が表現するストーリーです。個性のある写真を撮るには、縦横比を変えてみると今までとガラッと雰囲気が変わります。全体の雰囲気が伝わる構図にしたい場合には、隅の写りに意識することで全体のまとまりが良くなります。

 

アングルを変えながら撮る

どんな被写体にも共通していることですが、アングルを変えてみると雰囲気の変わった写真になります。手前、奥や角度だけでも大きな変化があります。同じ被写体に対して、最低100枚は撮影を行いたいところです。これまでになかったバリエーションの写真が撮れるようになります。

 

人物を撮るとき時には

コミュニケーションを取りながら写真を撮ると人物の表情が引き立ちます。被写体の表情が硬くなっているときは、リラックスするような一言を添えましょう。また人物が被写体の時は、小物を活かすとより主役の人物が目立つような映りになります。

 

 

「初心者でも意識を変えるだけでセンスのある写真が撮れます」
ただ闇雲に写真を撮り続けても質の高い写真は生まれません。上手な写真を撮るには技術だけではなく、それなりの知識が必要です。少し意識を変えるだけで、写真を撮る技術がグッと上達します。写真を撮る前に一度手を止めて、考えることも質の高い写真を撮るために大事な方法です。

 

 

『自分に合った副業を選択しましょう』
さまざまな副業がある中で、それぞれメリット、デメリットがあります。自分の知識と経験が活かせる副業を選択して試してみましょう。