menu

写真販売システムを比較・検討するためのサイト
『写真販売システムランキング』

おすすめの副業ランキング

総務省の平成24年就業構造基本調査では、有業者の234万3900人(約3.6%)が副業をしていると発表がありました。アメリカでは、日本よりもフリーランスで活躍している方が多く、自由な働き方の選択が可能です。日本でも働き方について見直されており、副業に関してもさまざま。今おすすめの副業をランキング方式でご紹介いたします。

【1 写真販売】

写真販売サイトを通じて、自分が撮った写真をサイト上で売ることが可能です。写真販売は、趣味が写真を撮る方やイベント事に頻繁に参加する方におすすめ。外部システムの写真販売サイトを導入している企業も多く、個人から企業まで幅広いユーザーに活用されています。中には、登録料や会費がかからない写真販売サイトもあるので、手軽に始めることができます。

 

【2 アンケートモニター】

アンケートモニターとは、企業が行っているアンケートに回答するだけで収入を得られる副業です。アンケートの目的として、新商品の開発やサービス向上のサンプルとして使われます。スマホ一つで手軽に始められるとことがおすすめです。

 

【3 アフィリエイト】

アフィリエイトとは、企業の広告をブログに貼りその広告がクリックされた回数に応じて収入が入る仕組みです。広告主としてユーザーが求めるコンテンツを作っていく必要があります。無料で始められるものから有料ドメインを取得する2パターンがありますが、それぞれのメリット、デメリットを理解して使い分けていきましょう。

 

【4 YouTuber】

YouTubeの広告収入で稼いでいるYouTubeが世間でも話題です。子供の将来の夢がYouTuberというのも珍しくなく華やかなイメージがありますが、実際に広告収入だけで生活できるのはごく僅かです。YouTuberとして人気が出るとテレビやイベントにも呼ばれ、広告収入以外の出演料が発生します。

 

【5 せどり】

せどりとは、物を安く仕入れて、高く売る、販売方法です。古本屋やメルカリなどの通販サイトから安く仕入れて、商品を求めている個人やお店に販売します。せどりのメリットとして即金性があり利益率が高いです。いかに安く物を仕入れて、高く売ることができるかが重要で相場をしっかりと把握する必要があります。商品が売れ残った際にはマイナス収支になるのがデメリットです。

 

 

『自分に合った副業を選択しましょう』
さまざまな副業がある中で、それぞれメリット、デメリットがあります。自分の知識と経験が活かせる副業を選択して試してみましょう。